後悔しない保険の選び方

Google

2008年04月20日

後悔しない生命保険の基本知識

生涯に支払う保険料の最終的な金額は高級車に匹敵するのが一般的です。
住宅の次に生涯支払う額が高額商品といわれる生命保険。

いざ、保険金を受け取るときになって「失敗した!」と後悔しないように、生命保険の基本知識を持っておきましょう。

そして、生命保険は「自分や家族が安心して生きるための大切なもの」ということを念頭に入れて、じっくり計画を立てましょう。

貴方は、「勧められるがままに生命保険に入って、保険料の支払いが苦しい!」そんな状態になっていませんか?

若い方や独身の方であれば遺族もまずいないので死亡保障はそれほど必要ないでしょう。
また、若い内に終身医療保険に加入しておくと、最終的に保険料が安く済むこともあります。

結婚して子供が生まれるまでは医療保障を重視すると良いでしょう。
子供が学生の間は、万一の場合の生活の負担を減らす意味で死亡保障を重視した生命保険を選びましょう。
子供の怪我・事故・入院などのことも考えなければなりませんので、ますます保険料が増えてきます。
ただ、子供の成長やローン返済等にともなって必要な額は減ってきますので、そのときに合ったプランに変更する事も必要です。

短期間であれば掛け捨ての方が支払う保険料が安くなりますので、掛け捨ての定期保険を選ぶと良いでしょう。

定年前や老後が気になりだす50代あたりからは、老化にともなう病気や怪我に備えて、再び医療保障重視の保険にすると良いでしょう。
満期になれば保険金を受け取る事のできる貯蓄保険も併せて加入しておくのも一つの手です。

生命保険を検討するうえで、いつの時代も重要な事は、「保険料の安い生命保険」ではなく、『自分に必要な保障を含んだ保険の中で、保険料の安い生命保険』を選らばなければなりません。

生命保険にはさまざまな特約がありますが、自分に必要がないと思ったものを切り捨て、必要なものだけを選択することでも保険料を抑えることができます。

このサイトでは、貴方の生活形態や家族に最適な生命保険が選択ができる情報を発信していきます。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。